熊本地震 心よりお悔やみとお見舞い申し上げます。

今回の熊本地方への地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。
また、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

Latest news

Sale Page

中古クラフト情報ページを設置いたしました。

Sale!!

TACK CANOE WORKSでは中古クラフトも取り扱っております。不明点などお気軽にお問合せ下さい。販売希望の方も掲載可能です。そちらもお問合せ下さい。

ABOUT

TACK Canoe Works
TACK (留め金、びょう) という意味からTACK Canoe Works
“お客様の心を射留められる営業を方針としていきたい。パドリングするライフスタイルを持つ全ての方のサポートをしていきたい また自分もそれをライフスタイルとし楽しむ事を推奨していきたい”

目的
パドルスポーツ全般にレジャーから競技まで万人に対応できるようトータルサポートを目指す。全てのパドラーの為にパドリングを楽しんでもらう為に様々な角度から些細な事から大きい事まで少しでもお役に立てることを目指していく。TACK Canoe Worksはあなたの想いをカタチにしていきます。
MASUMI OMURA

MASUMI OMURA

TACK C.E.O, Canoe Paddler

大村真澄
小学校5年の時にカヌーに出会う。
平成15年の静岡国体カヌー競技地元開催になり中学3年で本格的にカヌー競技を始める。その後、ジュニアナショナルチームに選出され数々の大会で上位に名をつらね、世界を相手にワールドカップや世界選手権へと挑戦。アジア選手権では銅メダルを獲得。大学進学後も競技に没頭し大学2年の夏に日本一に。シニアでも各大会で上位入賞を続けた。社会人としても競技を続けたが、仕事との両立に挫折し競技者から職人業に専念。カヌーの製造、メンテナンスの知識と腕を得た。五年の時を経てそれまでの経験を糧に、独立を決心しパドルスポーツ全てのパドラーのためになるようにと『TACK Canoe Works』を設立。また、五年のブランクを経て独立とともにパドルも再び握り再起する。
Support For All Paddler

全てのお問い合わせはこちらから
些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。出来る限りのサポートさせていただきます。

CONTACT